読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テト文系

YouTubeやってます。やましい気持ちでブログ始めました。

YouTubeで登録者を増やす方法

YouTube

YouTubeでのトレンド

2017年1月時点の内容で書いてあります。

 

はい、ほそぼそとYouTubeで活動しているtetosantsです。

www.youtube.com

 

今回は動画投稿をしていく上で分かった傾向を紹介したいと思います。

 

  1. 登録者が増えやすい動画
  2. 再生数が増えやすい動画
  3. 広告収益が多い動画

大まかに分けて3種類の動画で説明していきます。

 

  1. 登録者が増えやすい動画

 まず、YouTubeで活動していく上で、チャンネル登録者数をある種の目標として捉えている方は多いと思います。

私は、趣味として作ったものをついでに動画にしているものが多いので、あまりチャンネル登録者などは気にしていないのですが、ある一つの動画を出したところ

 1週間で登録者が300人増えました

その動画は何かというと"プレゼント企画動画"です。

www.youtube.com

 ただ、この動画を出し登録者が300人増えたところで、その他の動画の再生数が上がるのかというと、そううまくはいきません。

やはりプレゼント企画ということで

  • チャンネル登録者
  • 応募コメントをする

という条件をつけたことでチャンネル登録者は増えました。

しかし、こういう動画の視聴者層は小学生~高校生が多いような気がします。

プレゼント企画に応募プレゼント企画動画以外見ない外れると即登録解除

という人が多いです。

www.youtube.com

この動画を出したところ登録者が40人減りました。

結果総合的には増えているので、単に登録者を増やしたい人は"プレゼント企画"がおすすめです。

 

   2. 再生数が増えやすい動画

 ゲーム実況をしている方に限った話なのですが

"Shadowverse(シャドウバース)"熱いです!

www.youtube.com

ステマとかではなくて本当に再生数が増えます。

というか、これの生放送をすると新規の方(特にこれ)、既存の方が見に来てくれます。

今のゲーム実況のトレンドなんではないでしょうか。

他のゲーム(BF1やMinecraft)も時々生放送するのですが、その時の10倍ほどの方が来てくれます。(本人的にはBF1がやりたいなんて言えない)

これを生放送すれば弱小チャンネルでも10人くらいは見に来てくれるのではないでしょうか。

 

  3.  広告収益が多い動画

これは分かりやすいです。

ヘイトを集める動画です。

私の場合はわかりやすいです。

www.youtube.com

こういう動画です。

まず題名に"中学生の"と入れることで中高生の関心度が高まり動画を視聴します。

しかし、自分(キッズ)との格差を思い知らせるわけです。キッズは憤慨してコメントをつけることでしょう。

ヘイトを集めるためにこの動画についた悪態コメントにはあえて高圧的に対応します。

だらしない姿や適当さ加減を出すと、そこがウィークポイントと思ったキッズたちが

悪態コメントを付けてくれます。最低限の国語力があればあしらえるでしょう。

ただ、こういう系統の動画を出すならそれ専用でやったほうがいいです。

固定のアンチをつけるということですね。

アンチをつけながら普通に活動していくと、アンチに感化された準アンチがアンチ化して固定視聴者をつけるのが難しくなります。

 

 

以上が私の経験則で書いた稚拙な文です。

今後もこんな感じで書いていきたいのでよろしくお願いします!

(広告を・・・)